ChaosTCG

メインイベント

ChaosTCG シングル

 

構築条件】

「ネオスタンダード構築」の構築条件を満たすデッキを使用できます。

 

【大会形式

1試合40分1本勝負で行います。

時間切れ防止の試みとして、対戦準備時に互いのプレイヤーのマリガンまで行って、対戦開始の合図をお待ちください。

時間切れの場合は、その時点でのターンを続行し終了した上で、さらに追加の1ターンを行います。

それらが終了した段階で勝敗が付いていない場合、以下の確認を順番に行います。

①、残りデッキ枚数の多い方が勝利。

②、1で勝敗が付かない場合、パートナーのレベルの低い方が勝利。

③、2で勝敗が付かない場合、じゃんけんをして勝った方が勝利。

 

3回戦の予選スイスドローを行った後、成績上位16名による決勝トーナメントを行います。

予選スイスドローは、ダブルエリミネーション方式です。

 

決勝トーナメント参加者の選出方法】

公式大会同様の、使用パートナーによる選出を行います。

下記の基準で決勝ラウンド進出者を16名選出します。

1.予選ラウンド全勝者

2.自分より順位が高いプレイヤーに自身が使用したパートナーと同一のパートナーを使用したプレイヤーがいないプレイヤー

3.上記の方法で16名未満の場合は進出が決定していないプレイヤーの中から順位が高いプレイヤーを選出

 

参加定員

128名

 

【景品】

表彰状+ガラス製オリジナル表彰楯

ChaosTCG トリオサバイバル

 

【構築条件】

「ネオスタンダード構築」の構築条件を満たすデッキを使用できます。

チーム内でのOS重複はできません。

 

※チーム内で、パートナーの持つ作品名は重複できません。

先鋒、中堅、大将のポジション毎に、特殊な構築条件や変則ルールを適用します。

------------------------------------------------------------------ 

【先鋒】

メインデッキ及びエクストラデッキに、「同名カード」は2枚までしか入れることができません。

※パートナーに指定したカードは4枚まで入れることができます。

 ------------------------------------------------------------------ 

【中堅】

プレイヤーは、ゲーム準備時においてパートナーを指定する際に、1回戦ごとにパートナーを変更します。

1つ前の対戦でパートナーに指定したカードは、次の対戦のパートナーに指定することができません。他のカードをパートナーに指定します。

※メインデッキは通常通り50枚で、使用可能なデッキは1つです。50枚の中に、パートナーに選択したいキャラカードを2種類以上入れる必要があります。

※デッキを2つ使用するルールではありません。

 

【例1】

1回戦『CGS-PR001 俺嫁メンバー参入!?ChaosTCG「しよ子」』

2回戦『CS-PR001 ChaosTCGカーニバル「俺嫁 マツリ」』

→可。別名カードなので、パートナーに指定することができます。

 

【例2】

1回戦『SKe-002 “蜀”武神「愛紗」』

2回戦『SKm-002 “蜀”武神「愛紗」』

→不可。同名カードを連続でパートナーに指定することはできません。

 

【例3】

1回戦『NP-381 “ラボメン”再び過去へ「岡部 倫太郎」』

2回戦『NP-471 SA-001 運命に抗う執念“ラボメン”「岡部 倫太郎」』

→可。別名カードであれば、同ネームのカードを連続でパートナーに指定することができます。

 ------------------------------------------------------------------ 

【大将】

先攻の第1ターン内のみ、先攻のプレイヤーに以下の制限が与えられます。

①ターン開始時のドローを行えず、自分のカードの効果やコストでデッキからカードを引くことができません。

②自分のカードの効果やコストで、アリーナからカードを手札に戻したり、手札以外の領域からカードを手札に加えることができません。

 

【例1】

『【登場】〔カード2枚を引き、自分の手札1枚を控え室に置く〕』

→カードを引くコストが払えないため、登場することができません。

【例2】

『自分のデッキの上から3枚までを見て、それらのカードを好きな順番でデッキの上に戻す。その後、カード1枚を引く。』

→3枚見て、好きな順番でデッキに戻すことは可能ですが、その後カードを引くことはできません。

【例3】

『GR-358 約束の苗“美浜学園”「入巣 蒔菜」』

①[自動]【パートナー】【ターン1】このキャラに【セット】を持たないセットカードがセットされた場合、自分の控え室の【同OS】のイベントカード1枚を手札に加えてもよい。この能力は自分のターンにのみ発動する。

②【Main】【Battle】【パートナー】【ターン1】〔このキャラにセットされているセットカード1枚を手札に戻す〕以下の2つから1つを選ぶ。(※以降、省略)

→このカードがパートナーの場合、先攻の第1ターン内では①の能力でイベントカードを手札に加えることができません。また、②の能力のコストを支払うこともできません。

------------------------------------------------------------------ 

 

【大会形式】

1試合40分1本勝負で行います。

時間切れ防止の試みとして、対戦準備時に互いのプレイヤーのマリガンまで行って、対戦開始の合図をお待ちください。

各チームの先鋒、中堅、大将同士で対戦し、勝ち数が多いチームの勝利です。

時間切れの場合は、その時点でのターンを続行し終了した上で、さらに追加の1ターンを行います。

それらが終了した段階で勝敗が付いていない場合、以下の確認を順番に行います。

①、残りデッキ枚数の多い方が勝利。

②、1で勝敗が付かない場合、パートナーのレベルの低い方が勝利。

③、2で勝敗が付かない場合、じゃんけんをして勝った方が勝利。

 

4回戦の予選スイスドローを行った後、成績上位8チームによる決勝トーナメントを行います。

予選スイスドローは、勝敗に関わらず最後まで参加できます。

 

【参加定員】

80チーム (早い段階で定員に達した場合、定員を増やす可能性がございます。)

 

【景品】

ガラス製オリジナル表彰盾+表彰状 

サイドイベント

めざせ!OSマスター!

 

自分の好きなデッキでGO!

ライバルを倒して“OSマスター”の称号をゲット! 

 

【大会形式】  

デッキ途中変更可能のフリーバトル形式で行います。

 

【構築条件】

「ネオスタンダード構築」の構築条件を満たすデッキを使用できます。

 

【景品】

 開催時間終了時点で、同じOSを使用して2勝以上している方のスコアシートを確認します。

各OSで最も勝ち数の多い方が、そのOSのマスターです。

OSマスターのデッキレシピは、当HPに公開します。

 

マスター賞:認定証、粗品 

 

 

※途中で使用OSを変更した場合、勝ち数は各OS毎に分けて累積されます。